笑顔と会話が増える家族の片づけルール(著者 江間みはる)が出版されました

June 8, 2018

 

友人で整理収納アドバイザーの 江間みはるさん が

 

著書「笑顔と会話が増える家族の片づけルール」(ベストセラーズ)を出版しました

江間さんおめでとうございます

この本は家族やお母さんという切り口で片付けのことを書かれていますが

会社でも個人でもどんな大きな組織でも

汎用性のある考え方と原理原則が書かれていると思います

一説によると人は、ものを探すのに1年のうち数日分かそれ以上の時間を使っているみたいです

もちろん僕も本屋さんとアマゾンで購入をさせていただきました

全国の本屋さんやネットでも販売しています

 

 

内容紹介

片づけに必要なのは
ルールとコミュニケーション。
わが家はもう、散らからない。

整理収納アドバイザーとして600件もの訪問実績を持つ著者がたどり着いたのは、
家族みんなが取り組める「片づけのルール」でした。
本書では、著者の体験に基づく片づけルールを、
その内容はもちろん、運用のコツやそのメリットまでを惜しみなく提供します。

また、本書には著者の子育て経験がふんだんに活かされているため、
紹介するルールは家族とのコミュニケーションを円滑にしてくれるものばかり。
これらのルールを実践していけば、
家が片づくだけではなく、子どもの成長を促すことにもなるでしょう。
そして、何よりも家族の会話や笑顔が増えるはずです。

『ねぇママ…アレはどこ?』(家族)
『早く片づけなさい!』 (ママ)
きっと、こんな会話がなくなります。

本書は、片づけのテクニックや収納ハウツーを集めた本ではありません
また、読む気が失せるような細かいルールもありません。
「今日からできる」「自然に片づいていく」ルールの紹介や家族の協力を得る方法、
そして、より片づくコミュニケーションのコツについてお伝えします。

「片づけない子どもを叱るお母さん」や「何でもかんでもママに聞く家族」から卒業し、
快適な住環境で楽しく過ごせる家庭を目指しましょう。

■Part.1
片づけ上手なママの心構えと基本ルール
部屋も心もすっきり。ママの笑顔とゆとりが家族を変える
●目指すのは「働かせ上手」なママ
●がんばりすぎるママは嫌われる 
●「片づけの流れ」を理解する 
●「片づけルール」がもたらすメリット 
●必要なのはルールづくり etc...

■Part.2
今日からはじめられる家族の片づけルール
みんなで決めてみんなが守るからうまくいく
●家族のモノを動かすときは本人確認をする
●洗濯カゴに入っていないモノは洗わない
●リビングには私物を置かない
●トイレットペーパーの芯は使った人が捨てる
●「捨てる」は最後にする etc...

■Part.3
ママがやること。ママしかできないこと。
「自分のものは自分で片づける」のが家族の片づけルール。
では、ママは何をどうすればよいのでしょう?
●片づけスイッチの入れかた ●ママは届ける〝だけ〞に徹する
●洗濯モノではなく行程を減らす
●「洗面脱衣所」を管理するルール
●模様替えはみんなの意見を聞いてから

■Part.4
片づけルールでもっと仲の良い家族に
会話と笑顔が増え、子どもたちが成長する。
片づけを通して家族はもっとなかよくなれる。
●捨てられない&着てくれない子ども服について
●子ども部屋は狭い方が良い理由
●子どもスペースの定期検診 
●玄関からはじまる片づけ習慣 
●『手伝って』と言われた時だけ手伝う etc...  

 

 

 

 

 

 

Please reload

  • Facebook App Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram - White Circle
  • アマゾンの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン
アメブロ

​​OFFICE 〒432-8051 静岡県浜松市南区若林町858-6

TEL・FAX / 053-449-5877  

Copyright(C) 2015 Kenji Ogusu. All Rights Reserved.